■インターアクション3 (担当:鈴木小百合)

本クラスは、初級後半終了レベル(N4程度)の日本語能力を持つ学生を対象とします。学習者が日常生活や大学生活で遭遇するであろうインターアクションを扱います。学期終了時には、自分のことや身近な話題について、初級で学習した言語知識を使って自分の気持ちや意見を表現したり、相手のサポートを得ながら、話を理解し、ある程度長いやりとりを続けたりできるようになることを目指します。

 学期中、5つのトピックを扱う予定です。各トピックでは、PAに向けた理解のための話し合いや練習、準備、目標設定などを行います。授業では、ペアやグループ活動が多いので、各学生の積極的な参加が望まれます。PAでは、本学の学部生など外部からのビジターが参加し、実際の日本語使用場面を体験します。毎回、PAの後で振り返りを行い、学習成果や今後の課題について考えます。評価は、授業への参加度、課題、PAなどから総合的に判断されます。

  • Level: 3

  • Instructor: Sayuri Suzuki

This course is targeted at students who completed the beginner's level (approx. JLPT N4). This course covers interactions that learners of Japanese would encounter in daily life and university life. Students are expected to be able to express their feelings and opinions about themselves and familiar topics using acquired knowledge with the partner's support.

Five topics will be covered through the semester. Students will discuss, practice, prepare and set their target of the Performance Activity (PA). This course will have a lot of pair work and group work, and therefore active participation is expected. Students will experience real interactions in Japanese with class visitors of KUIS students. Students will review their performance after each PA and think of the attainments and challenges. The evaluation will be made comprehensively based on the participation, assignments and the PA.